Press "Enter" to skip to content

「The Column」2021年05月10日号より

ChevronとPhilips 66のJV, CP Chemical、年産22万6千トンの1-hexeneプラントをテキサス州オールドオーシャンのSweeny Refineryに建設。

1-hexeneはリニアアルファオレフィン(LAO)の一種。HDPEやLLDPEの製造においてエチレンと共重合させるモノマーとして使われる。典型的なプロセスではC4~C30以上の幅広いLAOが作られたあと分離されるが、CP Chemicalは独自の触媒技術でOn-purposeな1-hexeneを作る。グローバルなPEデマンドの伸長に呼応するもの。新プラントは2023年稼働予定。

https://www.businesswire.com/news/home/20210505005136/en/Chevron-Phillips-Chemical-to-build-world-scale-1-hexene-unit-in-Old-Ocean-Texas

LyondellBasell、独Wesselingのサイトで廃プラを原料にしたPP, PEの商業生産に成功。

廃プラベースの原料、おそらくは熱分解油を、既存のスチームクラッカーに投入してクラッキングに成功し、結果としてエチレン、プロピレンを得たものと思われる。同サイトはISCC PLUS認証を取得している。同社は廃プラ解重合のパイロットプラントを有するが、今回の発表にそれが関わっているかどうかは不明。

https://www.prnewswire.com/news-releases/lyondellbasell-starts-commercial-production-of-polymers-using-raw-material-derived-from-plastic-waste-301285231.html

同様のアナウンスを過去にCP Chem(Oct.2020)とExxonMobil(2021/02/26)も行っている。

Company, SiteReleaseProductFeedstockCertification
Chevron Phillips Chemical, US2020/10/08ポリエチレン廃プラ熱分解油ISCC Plus
申請中
ExxonMobil, TX, US2021/02/25“high-value polymers”廃プラ熱分解油
ExxonとAgilyxのJV, Cyclixにて
ISCC Plus
取得済

The Column

https://thecolumn.co/

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。